この記事を書いている2020年8月現在、まだどこへも旅行できるとは言えない情勢ですが、これまでの経験をもとにデンマークへの旅に関する話を書いていきたいと思います。

旅の準備(1)ではデンマーク旅行の準備編として、一番はじめに考えることについて書きました。

デンマークに行きたい!と思って理想の日程と行き先を決めた後は、空港や航空機、宿泊エリアを、ざっくり検索&確認します。筆者が旅行にかかる具体的な費用(でも大体)を見積もるのはその後です。そして「デンマーク 旅の準備(11)」までで費用の話をしてきました。

本記事では「おまけ」としてWIFIと海外保険について少しお話します。

2010年のコペンハーゲン中央駅のホーム。
既にWIFIを利用できる電車が普通。

デンマークのWIFI事情

デンマークは旅行者にも親切でいたるところで無料のWIFIを利用できます。空港、駅、電車、バス、カフェ、レストラン、ショッピングセンター、ホステル etc. 何度もFree Wifiのサインを見かけました。しかしそうは言っても無料ですので、セキュリティ面でのトラブルや、本当にうまく繋がるかどうかは、実際に試してみないとわかりません。もし表記がデンマーク語だけだったら?英語がよくわからなかったら?カフェやホテルなどは、気軽に質問できる雰囲気もありますし、聞けば親切に接続方法など教えてくれますが、聞ける人がいない場合はちょっと不安になります。もし「WIFIが確実にないと不安で旅行できない」「WIFI利用がホテルだけだと困る」などと思う方は日本でポケットWIFIをレンタルしていったほうがいいですね。

現在はパンデミックの影響で在宅ワークなども増え、ポケットWIFIの取り扱い会社もとても増えたと思います。これに関しては、ポケットWIFIを専門に比較、評価などしているサイトが様々ありますので、そちら検索・ご参照ください。各自での判断になると思います。

筆者の場合は、一度使ってみて何の不具合もなく、また問い合わせにもすぐに対応していただけたのレンタル会社さんがあったので、その翌年もリピートしました。現地で友人と待ち合わせする際なども便利に活用できたので個人的には旅行でのレンタルWIFIは必須だったと振り返ります。約2週間のレンタル、保障サービスなども込みで約10,000円でした。1日1,000円かからない程度です。旅期間にもよりますが、節約でどこをどれだけ我慢するかはひとそれぞれの価値観があります。ネット接続について節約を考えたら、確実なFree WIFIスポットを調べ上げ、どのルートで旅行するか(歩き回るか)、またWIFI不要で済むような事前の下調べをするなどの計画が必要になってきますね。それが楽しいと思える場合はそれもいいと思います。また、インターネットを使わない旅を楽しみたいという方もいるかもしれません。それも素敵です!しかしながら現代は特にデンマークは、大変多くのことがインターネットでできる世の中になっています。それが使えないことをストレスに感じる方は、ぜひご自身で旅行中のネット環境を確保できるように調整し、楽しい旅を実現させてください!

海外旅行保険

海外旅行保険も、いざという時のために加入するとなると保険会社を選ぶのに迷いますね。筆者がデンマークへ2週間程度旅行する際にかかっている保険料はだいたい6,000円程度です。

ブログTOPに戻る

Back to Top