この記事を書いている2020年6月現在、まだどこへも旅行できない情勢ですが、これまでの経験をもとにデンマークへの旅に関する話を書いていきたいと思います。

旅の準備(1)ではデンマーク旅行の準備編として、一番はじめに考えることについて書きました。

デンマークに行きたい!と思って理想の日程と行き先を決めた後は、

・どんな行き方がある?(利用する飛行機や空港)
・どこに泊まると行動する上で都合が良さそう?
・どんな宿泊施設がある?

と考える、と書きましたがそのうち「どこに泊まると行動する上で都合が良さそう?」が今回お話する内容です。

どこに泊まると行動する上で都合が良さそう?

旅の準備(5)で「コペンハーゲン空港に到着するといい」と書きました。ではそこからどこに移動しましょうね?どこに泊まるのが良さそうか、見ていきましょう!

こちらの地図(グーグルマップ)にある「コペンハーゲン中央駅」が文字通りコペンハーゲンで主となる駅です。ほとんどの観光客が空港から電車に乗ってここを目指します。中央駅からはスウェーデンに行ったり、その他、デンマーク国内を旅行するにもここを利用することになるかと思います。赤い点線で囲ったあたりが大まかな観光エリアで、さらに絞ればオレンジの枠で囲ったエリアが中心となります。デンマーク語で ”INDRE BY” と書いてありますが、それが中心都市(中心部)という意味なのです。

観光の中心地となれば、宿泊費が高くなるのは当然ですね。しかし、そこから離れすぎても、結局交通費がかかる、または歩きすぎて楽しむより疲れてしまう、なんてことにもなりかねません。

以上を踏まえて、オススメなのが中央駅周辺です(六角形のあたり)。

すこーし足を伸ばしてデンマーク国内を日帰り旅行してみようと、その日に思い付いてもできますし、食にもショッピングにも困らないエリアです。遅くまでやっているお店も多いです。「それじゃ高いんじゃない?」と思うかもしれませんが、 ”INDRE BY” より安いです。そして早いうちから探していれば空室が残っていて、選択肢の幅が広がります。

それではどんな宿泊施設があるか、デンマーク 旅の準備(7)で書いていきたいと思います。

ブログTOPに戻る

Back to Top