この記事を書いている2020年6月現在、まだどこへも旅行できない情勢ですが、これまでの経験をもとにデンマークへの旅に関する話を書いていきたいと思います。

旅の準備(1)ではデンマーク旅行の準備編として、一番はじめに考えることについて書きました。

デンマークに行きたい!と思って理想の日程と行き先を決めた後は、

・どんな行き方がある?(利用する飛行機や空港)
・どこに泊まると行動する上で都合が良さそう?
・どんな宿泊施設がある?

と考える、と書きましたがそのうち「どんな宿泊施設がある?」が今回お話する内容です。

どんな宿泊施設がある?

デンマークにある宿泊施設は、例えば Booking.com で首都コペンハーゲンにエリアを絞って検索すると、アパートメント、ホテル、ホステル、ホームステイ、ゲストハウス、別荘、B&B、ヴィラ、船上ホテル、クルーズがあります。

順にお話していきます。ここで言うアパートメントはデンマークの場合、大きく分けて二通りです。地元民が暮らすために借りるようなアパート(集合住宅)タイプのものと、日本でイメージするビジネスホテルようなタイプで部屋の中にキッチンが付いていたりあるいは共同のキッチンスペースがあるものです。

ホテルは、室内の居心地にも配慮した一般的なホテルと、個室でプライバシーの確保と寝る場所があればいいといったようなビジネスホテルのような割安ホテルがあります。また段階があり、またシャワーがついておらず他の宿泊客と共同であるホテルも多いです。特に老舗のホテルではよくあることです。

ホステルは、ドミトリーという、一部屋に複数の2段ベッドが設置されていて、他の旅行客と一緒に利用する相部屋が前提となった宿泊施設です。バックパッカーズ向けで1階にバーがあって大音量の音楽が流れているようなホステルもあれば、家族もウェルカムですよーと謳っているホステルもあります。後者については、イベントもあるけれど個人の自由な旅行プランも尊重してくれるような空間となっています。「他の旅行客と一緒か・・」と思っても、もしその旅行が4人や6人で行くものであれば、ご自分のグループだけで一部屋占領でき、なおかつ安く済むということになるので、複数人でご旅行される際は、ホステルも選択肢に入れていいと思います!またホステルにも一人部屋が少しあります。

ホームステイゲストハウス別荘B&Bヴィラはとてもよく似ていると思います。ホームステイ、ゲストハウス、B&B、は特に、オーナーが上の階に住んでいて1フロア丸ごと借りるとか、隣に住んでいるとか、寝室だけ借りるとかそんなイメージです。いわゆる民泊ですね。筆者はまだ利用したことありませんが、利用者によると、住むように過ごすことができるのでいいみたいです。確かに、デンマークらしい家がどんなものかもわかりそうですね。ただしデンマークも移民が多い国なので、どこか異国の雰囲気の家もあるかもしれませんね。別荘、ヴィラはオーナーと一緒に滞在するわけではなく、自分の家のようにリビングや寝室、キッチンを利用できる宿泊施設です。庭付きのことも多く、ホテルスタッフからのサービスが苦手な方や、自分で家事などするのが好きな方は、ここで贅沢な時間を味わえるかもしれません。

船上ホテルは、港や川沿いに停まっているホテル化された船です。

クルーズは、コペンハーゲンからノルウェーのオスロまでの船旅です。

筆者がよく利用するのはホテルかホステルです。興味があるのはゲストハウス泊です。地元の方と会話したり暮らすようにして旅を楽しみたいと思っています。アパートメントも連泊日数が多ければその分割安になると思いますし、他の利用者と交流の機会もあるかもしれないので、いいと思っています。

今回は、Booking.com での検索結果を例にあげましたが、Airbnb や他にもCMで有名だったり便利そうなサイトは沢山あります。筆者は、10年以上もBooking.comを利用しているので慣れているためかこちらを使っています。また使用頻度が増えると、割引料金やホテルの部屋のグレードアップが提示される時もあるので、お得なのです。各予約サイトで様々なサービスがあると思いますので、宿泊施設の値段だけでなくサービス内容も読んで、どの予約サイトならサービスを有効活用できるか、など考えてみてもいいですね。

また、いずれのサイトを利用するにも、そこで見た写真のみを鵜呑みにするのは要注意な場合もあります。利用客に対して綺麗な写真を載せて印象よくするのは当たり前ですから、実際泊まってみたら写真と違ったということは少なくないと思います。もし時間に余裕があり部屋の状態が気になる方は、そのホテル名を検索キーワードにして、世界の口コミを確認してみましょう。ホテル名のキーワードをカタカナではなく原語(英語またはデンマーク語)で入れて画像検索をすると見つかりやすいと思います。世界中の旅行者が親切に写真を撮ってレポートしてくれていますよ。たまに見つからないこともありますが、結構出てきます。便利ですね。また同じエリアで雰囲気も料金も同等のホテル、どちらがいいか決めかねる時にも同じように検索して、一般の旅行者の写真を拝見し、判断基準の一つにしてもいいかと思います。

※写真は筆者が実際に宿泊した施設で、ランダムに掲載しています。寝るだけでよければ、狭い部屋でもいいと個人的には思います。窓から見える風景がデンマークっぽかったり、コペンハーゲンっぽかったり、また広々としたリビングのあるところならゆったり過ごせるのではないでしょうか。

参考情報:
世界最大の宿泊予約サイトBooking.com (ブッキング・ドットコム)
https://www.booking.com

ブログTOPに戻る

Back to Top