この記事を書いている2020年8月現在、まだどこへも旅行できるとは言えない情勢ですが、これまでの経験をもとにデンマークへの旅に関する話を書いていきたいと思います。

旅の準備(1)ではデンマーク旅行の準備編として、一番はじめに考えることについて書きました。

デンマークに行きたい!と思って理想の日程と行き先を決めた後は、空港や航空機、宿泊エリアを、ざっくり検索&確認します。筆者が旅行にかかる具体的な費用(でも大体)を見積もるのはその後です。なぜなら「いくらかかるか」以上に「行きたい!」という思いが大事だと思うからです。本当に行きたいのなら、なんとか実現させようとしますよね?

・航空券の価格は?
・宿泊代は?
・食費の目安は?
・観光施設の入場料は?
・現地でかかる交通費の目安は?

それでは上記の項目について費用を順に見ていき、思ったより高いなとなったら何を削るか、削らずに奮発するかなど考えましょう。今回お話しするのは「宿泊代は?」についてです。

宿泊代は?

他の記事でも書いているとおり、パンデミックの影響で現在は適正価格が出ません。以前のようにデンマークへ旅行できるようになりましたら、この記事を更新する予定です。

旅の準備(7)で宿泊施設の種類について書きました。デンマークにある宿泊施設には、ホテル、ホステル、ゲストハウスなどがあります。ホステルのドミトリーで約3,000円から。ホステルやホテルのシングルルームでは、シャワー・トイレ共同であれば約6,000円から、またシャワー・トイレも備わっている部屋であれば約8,000円から。二人部屋であれば一人当たりの費用はもう少し抑えられます。ゲストハウスは部屋のタイプにもよりますのでまだここではお伝えできません。更新の際にもっと詳しく書きたいと思います。またどんな宿泊施設にせよ、借りる部屋の設備やサービス内容、街の中心からの距離、季節によって違ってきます。

ホステルの入り口。
シーズンオフに行くとドミトリー(相部屋)が貸し切りになる可能性も?!

とあるホテルの朝食の一部。
このチーズスライサーが楽しい!ハンドルをくるりと回してチーズをスライスします。
ゆで卵はてっぺんをスプーンでコツコツと叩いて殻を少しむいたら、あとはそのスプーンですくって食べます(プリンを食べるようなイメージ?)。

ブログTOPに戻る

Back to Top